こんにちは。

前回の記事では、ネットバンク口座を開きました。

投資を始めるには・・・次は、証券会社の口座開設です。
しかし、当時は、特に悩むことなく、一般の証券会社の口座ではなく、ネット証券会社の口座を開設しました。
もうすでに、ネット証券は使えるという情報が、ネット上にいろいろあがっていたからですかね。

いくつかの証券会社の口座を開いたので、そのときの考えなど書いていきます。

●SBI証券
まずは、SBI証券。
前回の記事の通り、住信SBIネット銀行とSBI証券の口座を持っていると、金利が高い「ハイブリッド預金」が使えます。
当時はまだ、投資の知識もあまりなかったので、まずは、「ハイブリッド預金」のために開設したと言ってもいいです。

ハイブリッド預金もそうですが、SBI証券自体の使い勝手もよく、売買手数料も安いため、今でもメインの証券口座として使っています。
とりあえず、「ハイブリッド預金」のためにも開設してみたらどうでしょうか?

↓「SBI証券」は、こちらから申し込めます。(無料)



●松井証券
松井証券も、現在、SBI証券と並んで、メインの証券口座として使っています。
理由としては、やはり、手数料の安さでした。
1日の売買代金が、10万円以下なら、手数料無料。これ、すごいですよね。
口座を開いておけば、いつか役に立つだろう・・・ぐらいの気持ちで口座を開設しましたが、いまでは、とても役に立ってくれています。

私は、積立投資で投資信託を購入していますが、投資信託以外のETFに関しては、松井証券で購入しています。
1日で10万円なんて、そんなに思いっきり買えないので(笑)、十分です。

松井証券


●マネックス証券
当時、マネックス証券も口座を開いています。ただ、どうして口座を開いたのか記憶になく(笑)
有名どころだったので、開いておこうぐらいの気持ちだったのかもしれません。

今となっては、口座を開いておいて、うれしい誤算がありました。
それは、マネックス証券のツールをいろいろ使えることです。
たとえば、「MONEX ONE」や「MONEX VISION 」などです。

これ、おもしろいですよ。
「MONEX ONE」で自分が使っている金融機関を登録して、「MONEX VISION」でそのポートフォリオを分析してくれる。
一部手入力しないと反映されない銘柄等ありますが、保有銘柄が少ない私は、それほど手間がかからず、楽しませてもらってます。

まぁ、分析内容が、自分に合っているかどうかは別なんですけどね(笑)

↓「マネックス証券」は、こちらから申し込めます。(無料)



そんなこんなで、当時は、3つの証券口座を開設しました。
何年も、この3つの口座でやってきましたが、来年には、「NISA」制度が始まります。
制度の内容によっては、また別に証券口座を開くことがあるかもしれませんね。


ということで、以上です。
ありがとうございました。

 カテゴリ
 タグ
None