こんにちは。

ここまでいろいろ調べていたiシェアーズETFの配当金、外国税額控除を受けられるかどうかの件についてですが、

「話が違うよ~」

という感じです。

松井証券さんに再度問い合わせてみましたので、その結果を。

結論から言うと、

「株式数比例配分方式」では、外国税額控除を受けられません!

松井証券さんからの回答としては、

お問い合わせいただいた外国税控除についてのご質問ですが、当社からの回答に誤りがありましたので、お詫び申し上げるとともに訂正します。


えっ?・・・

iシェアーズの3銘柄は外国銘柄には該当しないため、「株式数比例配分方式」を選択している場合、分配金はネットストック口座へ入金されます。
そのため、「株式数比例配分方式」を選択している場合、外国税額控除を受けることはできません。


外国税額控除を受けるためには、配当金受領方式を「株式数比例配分方式」以外の方式へ変更する必要があります。


・・・だそうです。

以前問い合わせた際の担当者が、iシェアーズETFを通常の外国銘柄と勘違いしたために以前の記事のような回答をしたようです。

逆にいうと、通常の外国銘柄の配当金であれば、以前の回答のように、

当社では、「株式数比例配分方式」を選択されている場合でも、当該銘柄の配当金の受領方式は、「配当金領収証により郵便局等で受取る方式」となります。
そのため、外国税額控除が行われた金額を受取ります。


が適用されるようです。


今回の一連の記事について、松井証券さんの間違いとはいえ間違った情報を発信してしまったようです。

この記事を見て、「じゃ~松井証券でiシェアーズETFを買おう!」という気になっていた方、すでに買ってしまった方。

もう一度状況を確認して、今後どうするか考えてみてください。
(無責任ですみません)


今回の件では、本当に勉強になりました。
初めて、証券会社や、信託銀行に問い合わせてみたりもしましたしね。
これからも、自分が気になったことに関してはいろいろ調べて知識をつけていきたいと思っています。


ということで、以上です。

ありがとうございました。



 カテゴリ
 タグ
None