学資保険についての考え方(デメリットについて)

三度のメシよりスープカレーが好き!(スープカレーもメシか(笑))サラリーマン投資家がコツコツ投資で資産形成していく日記です。コツコツ投資をして将来の資産を作ってみましょう!

  • ホーム
  • »
  • 保険
  • »
  • 学資保険についての考え方(デメリットについて)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

学資保険についての考え方(デメリットについて)

  •  投稿日:2013-11-20
  •  カテゴリ:保険
こんにちは。

ここ2~3日、下痢と嘔吐で寝込んでおりました。
おそらく子供からもらった風邪だと思いますが、子供はすぐに治ってけろっとしているのに、私たち夫婦そろって長々と寝込んでしまいました。

いや~、子供は強い。そして、大人は弱い。

季節の変わり目ですので、みなさんも体調には気をつけてくださいね。
インフルエンザ、ノロウィルスなどにかかったら最悪ですので。

と、休んでいる間にrennyさんが新しい記事を書いていらっしゃいました。

保険料はどこへ消えた? 【学資保険を考える】
(rennyの備忘録 (投資信託でk2k2と育ててます!))


今回は、学資保険に関するデメリットに関して、私なりの考え方を書いてみたいと思います。

※この記事の前に前回の記事を見ていただけると話がつながると思います。


一般的にデメリットとして言われているのは、以下のような点でしょうか。

●コスト不明
●途中で解約したら元本割れ
●払込期間中お金を動かせない
●インフレになると困る
●保険会社が破綻すると困る

う~ん、なんだかデメリットがたくさんありますね。

■コスト不明
詳しいことはわかりませんが、私が購入しているインデックスファンドと比べたらおそらく何倍もの手数料が取られていることでしょう。もしかしたら、10倍ぐらい取られてる?もっと?

私が学資保険(相当の終身保険)を購入した際はまだ知識が足りなく、手数料のことなど何も考えませんでした。
私が通常投資している商品よりも明らかにコストが高くデメリットな点でしょう。


■途中で解約したら元本割れ
■払込期間中お金を動かせない
払込期間中は、解約すると元本割れします。
これは、決められた期間(私の場合は15年間)お金を積立続けなければならい、ということです。
積立投資のように、積立をやめたくなったらそこでやめるということは出来ません。(出来るけど元本割れ)

私は、FPの方から、途中で解約すると元本割れるするということはしっかりと聞いていて、15年払い続けると覚悟を持ってこの保険を購入しました。(そんな大げさな気持ちではありませんでしたが)

今考えると、かなりデメリットのように感じます。
通常の投資では、いつでも解約して自由にお金を使えますからね。

これは、ちんあおさん的には、懲役15年ということでしょうか。


■インフレになると困る。
これも、ちんあおさんから指摘されていました。



当時、最終的な利率が決まっており、元本割れしないことが確定していることをメリットと考え、保険を契約しましたが、将来的にインフレになったとするとこれが逆にデメリットになるんですね。
当時は、考えもしなかったことです。

時代が、当時のままであれば、デフレが続いていたのかもしれませんが、皆様ご存じの「アベノミクス」により、経済はインフレの方向に動かされようとしています。
そのため、利率が決まっていることがデメリットに働くと考えなければならないのかもしれません。

ですが、インフレって何がどうなるんでしょう?
長期金利が上がる?
物の物価が上がる?

まだ私には想像しづらい現象ですので、今後もいろいろ考えていかなければならないです。


■保険会社が破綻すると困る
TwitterでKomineさんから指摘がありました。


これは全くその通りで、保険会社が破綻してしまうと、引受会社が保険を引き継ぎ完全に0にはならないとは思いますが、保険額が減ってしまいます。(減ってしまう可能性が高い)

この点は、資産が保護される投信信託等とは違って、大きなデメリットですね。

私の場合、この点はFPの方からも説明され、契約した時点で特に安全性が高いという会社の保険を選んでいただき利用しています。破綻の確率はもちろんゼロではありません。しかし、経営の健全性等から大丈夫だろうという判断です。


と、いろいろなデメリットをあげてきました。

では、ここまでデメリットがありながら、これからも学資保険を使うか?と、自分に問いかけてみます。
もう一人子供が出来たら、新たに学資保険を契約するか?と、自分に問いかけてみます。

おそらく、私が学資保険を購入することはもう無いでしょう。

理由としては、

●お金が拘束されるのがいやになった(懲役は嫌!)

これが、自分の中では一番大きいと思います。

幸い、今のところ急に予定外のお金が必要になったこともないため、順調に保険は積み立てていますが、もしお金が必要になったらどうするの?元本が減るのを覚悟で解約するの?と考えてしまうと、ちょっと考えてしまうようになりました。

それなら、いま購入している投資信託の購入額に、学資保険分を上乗せすればいいんじゃないの?と思うようになりました。


と、最近主流?の考え方に近くなってきたという結論で終わらせたいと思います。
ですが、保険の有用性は無いとは思っていないので、これからもいろいろ考えていくつもりです。


ということで、以上です。

ありがとうございました。


 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © スープカレー大好き!サラリーマン投資家によるコツコツ投資・資産形成ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。