コツコツ投資ポートフォリオの実際(2013年7月)

三度のメシよりスープカレーが好き!(スープカレーもメシか(笑))サラリーマン投資家がコツコツ投資で資産形成していく日記です。コツコツ投資をして将来の資産を作ってみましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

コツコツ投資ポートフォリオの実際(2013年7月)

こんにちは。

前回の記事では、目標としているアセットアロケーションについて書いてみました。

今回は、私のコツコツ投資ポートフォリオが、どんな物なのか、書いてみたいと思います。

あまり、参考にならないかもしれませんが(笑)

以下、私の現在のポートフォリオと割合です。(割合も含めてポートフォリオと言うのでしょうか?)

アセット銘柄割合積立備考
日本
株式
TOPIX連動型上場投資信託 (1306)57% 
ひふみプラス8% 
先進国
株式
EXE-i 先進国株式1% 
iシェアーズ 先進国株ETF (1581)3%  
DC外国株式インデックスファンドL19%企業型確定拠出年金
(マッチング拠出無し)
新興国
株式
EXE-i 新興国株式- 
iシェアーズ エマージング株ETF (1582)-  
上場インデックスファンド海外新興国株式 (1681)12%  
その他iシェアーズ フロンティア株ETF (1583)-  
EXE-i グローバル中小型株式- 
※割合が「-」となっているのは、割合が1%未満のものです。

いつの間にか、10銘柄になっていました。

●日本株式(2銘柄)

メインは、松井証券で「TOPIX連動型上場投資信託 (1306)」を積み立てています。
※松井証券では、一日の売買代金を10万円以内に抑えれば、手数料無料!

ただ、最近のちょっとバブルっぽい相場はどうかと思い、アクティブファンドの「ひふみプラス」も積み立てています。

これは、まったく個人的な感覚なのですが、今現在のような、ちょっとバブルっぽい時って、インデックスファンドは少し買いづらくなりませんか?いや、大した理由は無いんですけどね(笑)
そんな感覚もあって、SBI証券で「ひふみプラス」も積み立てています。


●先進国株式(3銘柄)

メインは、SBI証券で「EXE-i 先進国株式」を積み立てています。
ある程度積み上がったら、今後は、「iシェアーズ 先進国株ETF (1581)」にリレー投資しようと思っています。

あと、先進国株式は、企業型確定拠出年金でも毎月積み立てています。
あまりラインナップが無く、消去法で「DC外国株式インデックスファンドL」を100%積み立てています。

私は、確定拠出年金で買い付けている銘柄も含めて、全体のアセットアロケーション、ポートフォリオを考えています。ですので、確定拠出年金で積み立てている分、「EXE-i 先進国株式」への積立額は少なめになっています。


●新興国株式(3銘柄)

メインは、SBI証券で「EXE-i 新興国株式」を積み立てています。
今までは、「上場インデックスファンド海外新興国株式 (1681)」にリレー投資していましたが、今後は、「iシェアーズ エマージング株ETF (1582)」にリレー投資しようと思っています。


●その他(2銘柄)

SBI証券で「EXE-i グローバル中小型株式」を毎月積み立ててはいますが、メインではありません。
「iシェアーズ フロンティア株ETF (1583)」も含めて、全体の3%~5%ぐらいになればいいかなぐらいに思っています。またまた、私得意の個人的感覚で、この割合にも根拠が無いのですが(笑)


以上、私のポートフォリオでしたが、最近は、EXE-iや、国内上場された、iシェアーズのETF等々、信託報酬が安くて良い物が出てきていい環境になってきましたね。

基本的に、私は、信託報酬が安い物を極力購入するようにしています。
(だったら、アクティブファンド買うなよ!というツッコミもあるかと思いますが(笑))

隠れコストや実質コストなど、信託報酬だけでは現れない部分もあるかと思いますが、そこは、あえて購入して、規模が大きくなって、実質コストが下がることを願っています。


ということで、以上です。
ありがとうございました!

 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © スープカレー大好き!サラリーマン投資家によるコツコツ投資・資産形成ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。