こんにちは。

NISAは独自の損益の考え方がありますよね。

●年間100万円までの売却益に関しては非課税
●損失が出た場合の損益通算が出来ない
●NISA終了後、一般口座に移管する場合はその時点の評価額が取得額として扱われる

と、考え方が面倒ですが、ちょっと思いついてしまいました。


それは・・・

「NISAでは、常に評価額=取得額と考えればいいのだ!」

検証してみましょう。

●年間100万円までの売却益に関しては非課税
評価額=取得額だから利益は出ていない。よって非課税!

●損失が出た場合の損益通算が出来ない
評価額=取得額だから利益も損も出ていない。よって損益通算はしなくてもいい!
(という考え方ですからね。本当はしてほしいんです。)

●NISA終了後、一般口座に移管する場合はその時点の評価額が取得額として扱われる
評価額=取得額だから、取得時から評価額は変わっていない。よって、問題なし!


どうでしょう?なかなかいい考えではないでしょうか?

 ・
 ・
 ・

すみません。どうでもいい話でした。
ちょっと思い付いたので、無性に誰かに話してみたくなったのでした。

ちなみに、この理論には大いなる欠陥があるかもしれませんので、欠陥を見つけてしまった時にはこの話は無かったことにしてください。


ということで、以上です。

こんなくだらない話につきあっていただいて、ありがとうございました。


 カテゴリ
 タグ
None