こんにちは。

私は、投資を始めて2年半ぐらいというところですが、いまだにしっくりこないことがあります。
それが、タイトルにもある「複利」に関してです。

どの投資本にもたいてい書いてありますよね?

「資産は複利で増えていく」

と。

私は、インデックスファンドをメインに資産形成をしていますが、それが複利で増えていくということはどういうことなんでしょうか?



ちょっと例を挙げてみたいと思います。

■銀行預金の場合
これは、わかりやすいですよね。
預金した元本に対して、利息が付く。
そして、(元本+利息)に対して、また利息が付くと。これは、複利効果で増えていきます。

銀行預金の複利効果に関しては全く疑問点無し。納得です。


■アクティブファンドの場合
もうここから、ちょっとイメージが沸きません。
アクティブファンドは簡単に言うと、インデックスに対して上まることを目標にします。(と理解しています。)
ですので、内部では、値上がりした資産を売って、また値が上がりそうな資産を買っているのかなと。

そして、またその資産が値上がりする。
その繰り返しが複利で増えていく、ということになるのでしょうか?

う~ん、もうだめだ。イメージが沸かない。


■インデックスファンドの場合
そして、私がメインに投資しているインデックスファンドです。
インデックスファンドですので、何らかのインデックスに沿うように運用されるのでしょう。
ということは、そのインデックス自体が複利で増えていっているということ?

だから、インデックスファンドに投資したら、複利で増えていく?
では、インデックスファンドは減るときも複利で減っていく?

私が全然わかっていないので、何が疑問なのかさえうまく説明することが出来ません。


■理解しやすい例を挙げるとしたら・・・
例えば、インデックスファンドが分配金を出します。
そして、分配金を出しても基準価額は下がらないとします。
そして、分配金は再投資されます。

このようなパターンであれば、銀行預金と考え方が近くなり、何となく複利のイメージが沸きやすいです。
現実には「分配金を出しても基準価額は下がらない」の部分が無いのですが。


ここまでの文章を見た方は、「ああ、コイツ何もわかってないな」と思われたことでしょう。
私も、インデックスファンドが複利で増えていくというイメージが沸かないので、うまく説明することも出来ないのです。

ですので私は、自分が投資した金額が複利で増えていって欲しいとはあまり思っていません。
もちろん、複利で効率よく増えていってくれたらうれしいのですけれど。

自分としては積立預金と同じような感覚で、毎月の給料から決まった額で積立投資をしています。
それが、複利でなくても、銀行預金よりはましな利率で増えていってくれればいいかな~という感じで投資を行っています。

今回の記事は、うまく説明ができなくて、グダグダの記事なってしまいました。
もう少し勉強して、せめて何がわからないのかぐらい説明できるようになれればいいなと思っています。


ということで、以上です。

ありがとうございました。


 カテゴリ
 タグ
None