株価の大暴落に耐える

三度のメシよりスープカレーが好き!(スープカレーもメシか(笑))サラリーマン投資家がコツコツ投資で資産形成していく日記です。コツコツ投資をして将来の資産を作ってみましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

株価の大暴落に耐える

  •  投稿日:2013-09-13
  •  カテゴリ:投資
こんにちは。


長期投資を行っていると、どうしても一度や二度、株価の大暴落に立ち会うことになると思います。

そういうときに、どうすれば耐えることができるのか、私の短い投資経験のなかからお話ししてみたいと思います。


私が投資を始めたのは、2010年の1月ぐらいです。
そのため、リーマンショックの時の大暴落は経験していません。

では、最初の大暴落はというと・・・、そう、東日本大震災の時です。

地震が起こったのは金曜日の午後で、会社でテレビをつけて震災の情報を得ている状況でした。
この時は、株価のことなんて何にも頭に無くて、ただ、震災のことを考えていました。
次の日の土曜日、その次の日曜日も同じ感じです。

本格的に、株価のことを考えたのは、月曜日の朝のニュースを見たときでした。
株価がやばい、と。

当時私は、日本株として、1306のETFを購入していましたが、結局その日はストップ安。
個別株ならまだしも、ETFでストップ安を経験するとは全く思っていませんでした。

投資歴1年そこそこの初心者の私は、焦りましたね。
頭の中では、「ヤバイ、ヤバイ。ETF売らないと。」の連呼です。
仕事も手につきません。

結局、翌日の火曜日もストップ安近くまで値を下げ、そこからまた株価は上がっていきました。

私は、なんとか売るのを踏みとどまることができました。


これが、私の最初の株価暴落経験でした。


このときの経験を経て思ったこと。

●投資を行うには、金銭的な余裕が必要。
私は、他の投資ブロガーの方たちと比べると、確保している生活防衛資金はおそらく少ない方だろうなと思っています。
それでも、ある程度の生活防衛資金がありましたので、売ることを踏みとどまることができました。
これがなかったら、おそらく私は売りに走っていたでしょう。

いざというときのための生活防衛資金。
株価の暴落に耐えるためにも必要ですよ。


●投資を行うには、精神的な余裕が必要。
最初に経験する暴落の時には、おそらく、心に余裕を持てといっても無理でしょう。
心に余裕を持つためには、暴落を一度経験することが、やっぱり必要だと思います。

一度暴落を経験し、その後は株価が上がる経験をすることによって、株価の大暴落にも耐えられる心を持つことができるんじゃないでしょうか。
実際、東日本大震災後は株価も上がりました。
元の株価にはしばらく戻りませんでしたが、私は、ほっと、一安心しました。

最近では、日経平均株価が一日で1000円下がった日もありましたよね?
しかし、私は、自分でもびっくりするぐらい落ち着いて、対処することができました。
というより、何もしませんでした。

1000円下がったんだな~ぐらいの感覚でした。

株価の大暴落はやっぱり嫌ですが、長い目で見ると一度は経験しておくと、心に余裕が出てくるのかもしれません。


●生活防衛資金を確保せよ!
●株価の大暴落に慣れろ!(嫌だけど)



という結論でした。


「東日本大震災から2年半がたちました。」というニュースを見て、当時のことを思い出しながらこの記事を書いてみました。


ということで、以上です。

ありがとうございました。


 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © スープカレー大好き!サラリーマン投資家によるコツコツ投資・資産形成ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。