2016年1月末のポートフォリオ状況を確認


こんにちは。

2016年ももう一ヶ月が経ってしまいました。

ちなみにブログの更新はずっとサボっていて、この記事が2016年最初の記事です。

あけましておめでとうございます!今年もよろしくおねがいいたします!(笑)

では、現在のポートフォリオの状況です。

目標アセットアロケーション




2016年1月末現在のアセットアロケーション




2016年1月末現在のポートフォリオ


アセット銘柄割合積立備考
日本
株式
TOPIX連動型上場投資信託 (1306)52% 
iシェアーズ TOPIX ETF(1475)-
先進国
株式
たわらノーロード 先進国株式-
EXE-i 先進国株式1% 
iシェアーズ 先進国株ETF (1581)17%  
DC外国株式インデックスファンドL21%企業型確定拠出年金
(マッチング拠出無し)
上場インデックスファンド米国株式
(S&P500)(1547)
1%NISA2014
新興国
株式
EXE-i 新興国株式- 
iシェアーズ エマージング株ETF (1582)6%  
その他iシェアーズ フロンティア株ETF (1583)-  
EXE-i グローバル中小型株式2% 
※割合が「-」となっているのは、割合が1%未満のものです。


今月から「たわらノーロード先進国株式」を積立開始!


今月から、新しい積立商品が登場です。
その名も、

たわらノーロード先進国株式

昨年末に登場して有名になっていますが、現在購入できる先進国株式インデックスファンドの中でも信託報酬が最安のインデックスファンドです。

しかもETFを含めて!

これはすごいですね。私は信託報酬が安いファンドをETF、インデックスファンド問わずに購入する方針ですが、これで先進国株式に関してはETFを購入する理由がなくなってしまいました。

そして、いままで積み立てしてきたEXE-iも今月から積立は停止です。いままでありがとう!
既に積立購入している分は、ちょうど損益が+-ゼロあたりですので、来月までには売却してたわら先進国を購入しようかと思っています。


先進国株式に関しては信託報酬が安いインデックスファンドがばんばん登場してきていますが、あとは新興国株式で同じように信託報酬が安いインデックスファンドが出てくれば良いなと思っています。


ポーオフォリオの割合は依然として変わらず


ポートフォリオの割合としては、前回から、変化はありません。

この一ヶ月で、株価としてはかなり下落しましたが全体の割合としては全く変わっていないです。
最近はこんな感じですね。資産額としてはかなりの範囲で激しく増減していますが、どのアセットも一緒に動くので結果として割合は変わらない。

世界の経済が同時に動くので、分散の効果が薄れてきている事なんでしょうか。
私は、債券クラスは購入しない方針ですが、債券を含めるとまた違った結果になるんでしょうね。

相関が完全に同じになるまでは分散投資の効果はあると思っていますので、これからも自分が定めたアセットアロケーションに従ってコツコツ積立投資を行っていきたいと思います。


資産額の変化をメモしておきます


先月からの資産額の変化と、この一年を通しての資産額の変化の割合をメモしておきます。

7月末から8月末にかけて、私の資産は7%ほど減りました
8月末から9月末にかけて、私の資産は4%ほど減りました
9月末から10月末にかけて、私の資産は5%ほど増えました
10月末から11月末にかけて、私の資産は2%ほど増えました
11月末から12月末にかけて、私の資産は5%ほど減りました
12月末から1月末にかけて、私の資産は7%ほど減りました

今月は結構減りましたね。

日銀がマイナス金利を発表したりしていろいろ経済対策を打っているようですが、これからの日本経済、世界経済はどうなるのでしょうか?
コツコツ積立をしながら見守っていきたいと思います。


以上、2016年1月分の内容でした。