こんにちは。

気づくと、私が利用している確定拠出年金の資産額が、拠出額の倍になっていました。
つまり、年金資産が2倍に増えたということになります。
(正確には確定拠出年金分が、ですが)

少し、私の確定拠出年金のお話を。
現在、私が利用している確定拠出年金(401k)は、企業型の確定拠出年金です。
現在働いている会社の年金制度が変更になった際、強制的に加入することになりました。

調べてみると、加入したのは2004年の10月。もう10年になるんですね。こんなに長く投資しているとは全然気づきませんでした。しかし、この時点では投資の事については何もわからず、用意されている銘柄から適当に選んだような記憶があります。

最初に選んだのは、「フィデリティ・日本成長株・ファンド」と、今も拠出を続けている「DC外国株インデックスL」だったような。 「フィデリティ・日本成長株・ファンド」は手数料がバカ高いアクティブファンドですが(信託報酬1.65%!)、「成長」という言葉が入っていて、儲かるのでは?と選んだような記憶があります。

「DC外国株インデックスL」は偶然にも低コストの先進国株インデックスファンドですが、なぜにこのファンドを選んだのかは記憶にございません。(笑)

投資の勉強を始めるまでは、ずっとこのままの構成でした。投資の勉強を始めてからは、このアクティブファンドの手数料はマズイという事に気づきまして、日本株の低コストインデックスファンド「野村国内株式インデックスファンド ・ TOPIX(DC) 」に切り替えました。(信託報酬0.21%)

その後、ポートフォリオを、確定拠出年金も含めた全体で一つのポートフォリオと考えるようになり(山崎元さん理論です)最終的に、「DC外国株インデックスL」一本に統合して今に至っています。(ちなみに信託報酬0.27%)

●【参考】2014年11月末現在のポートフォリオ
アセット銘柄割合積立備考
日本
株式
TOPIX連動型上場投資信託 (1306)50% 
先進国
株式
EXE-i 先進国株式- 
iシェアーズ 先進国株ETF (1581)19%  
DC外国株式インデックスファンドL21%企業型確定拠出年金
(マッチング拠出無し)
新興国
株式
EXE-i 新興国株式- 
iシェアーズ エマージング株ETF (1582)8%  
その他iシェアーズ フロンティア株ETF (1583)-  
EXE-i グローバル中小型株式1% 
※割合が「-」となっているのは、割合が1%未満のものです。


結果として、2004年から投資をしていたことになるのですが、その間にはリーマンショックのようなものすごく株価が下落した時期もありました。(今成績を見てみると本当にすごいですね。半値以下まで下がってます。)

普通の投資であれば、この下落で怖くなってやめてしまっていたかもしれません。しかし、投資していたのは、強制的に拠出されていく確定拠出年金でした。この株価が下落した時期に投資を続けていたこともあって、現在の資産倍増につながったのだと思います。

現在は、株高状態と言われていますが、これから株価が上がるのか、下がるのかは私にはわかりません。ですので、株価が上がろうと下がろうと、確定拠出年金も含めコツコツ投資は続けていきます。その結果、最終的に資産が増えていれば良いなと思います。

もちろん、資産が減少している可能性もあるのですが、それは、自分がベストと思っている選択をした結果ですので、受け入れられるんじゃないかなと思います。少なくとも、0になるわけではないですし。

あと30年程度。これからも確定拠出年金を見守っていこうと思います。


ということで、以上です。

ありがとうございました。
 カテゴリ
 タグ
None