こんにちは。

前回の記事では、「VT」を、最初の投資商品として購入したお話をしました。

しかし、以前の記事で紹介したように、現在の私のポートフォリオには「VT」は含まれていません。
どうしてでしょうか?

そうです、「売ってしまった」のです!(あたりまえですが)

今回は、なぜ「VT」を売ってしまったのか、お話ししたいと思います。

※個人的には、「VT」を売ってしまったことは後悔しています・・・


VTを購入したといっても、まだまだ投資についてはわからないことばかりです。
引き続き、投資については勉強していました。

そこで、あることに気づいてしまったのです。
それは、

「VTは特定口座では管理されない」

ということです。

いや、正確には、特定口座対応ではない、ということに関しては、なんとなくわかっていたような記憶があります。
ただ、一般口座では、確定申告をしなければならないということに気づいてしまったのです。
(何を、そんなことを・・・と思われるかもしれませんが)

必ずしも確定申告をしなければならないとは限りませんよ。でも、当時は、そう思い込んでしまったのです。

個人的には、かなり焦りました。
確定申告しなければならない。確定申告なんてわからない・・・と。

そこで、とってしまった行動が、「VTを売ってしまう」という行動なんです。

売買手数料まで考慮して、なるべく利益が、プラスマイナス0になるように、セント単位で値段を指定して、結果、売ることができました。

これで、最初に購入した投資商品が「VT」、最初に売却した投資商品も「VT」という状況になってしまいました。
こんな人、なかなかいないですよね?(笑)

当時は、これでホッとしていましたが、今考えると、何を焦っていたんだろう・・・と思ってしまいます。

この行動は、私の短い投資経験の中では、失敗したことの中の一つだと思います。
いろいろ投資について勉強してわかったつもりでいた大事なことを破ってしまったのです。

それは、

・自分で理解してから投資を始める。
・投資は、長期投資が大事である。

という点です。

特定口座、一般口座など、調べればすぐにわかりますし、確定申告も、それほど恐れることもないと、今は思います。
(まだ、確定申告未経験ですが。)

それに、長期投資が大事とわかっていながら、すぐに売ってしまう。わかっていませんね(笑)

失敗はしましたが、今となっては、この経験は良い経験だったと思います。
何か、いつもと違う行動を取る場合は(例えば、積み立てている商品を変える場合など)、いつもこの失敗を思い出して、自分に問いかけながら行動しています。

・何をしようとしているのか、わかっているのか?
・買おうとしている商品は、本当にいい商品か?

と。

まぁ、今でも、100%最良の行動がとれているかと言われると自信はありませんが、以前よりは、いろいろ考えて、行動できるようになったのではないかと思います。

ということで、失敗した経験から、いろいろ考えながら行動していますよ、というお話でした。

以上です。
ありがとうございました。

 カテゴリ
 タグ
None