こんにちは。

前回の記事では、ネット証券に口座を開設したところまで書きました。

口座を開設した後は、投資はじめということで、何らかの投資信託・ETFを買うことになります。
今回は、最初に投資信託を買うまでに、どうやって情報収集して、何を買ったのか書いてみたいと思います。

タイトルで、ちょっとネタバレしてますか?(笑)

当時、どんな銘柄を買ったらいいかなど、全くわからない訳です。
そんな状態では、やはりネットで情報を収集しようと思うわけですが、何を、どうやって、どんなキーワードで調べたらいいかもわからない(笑)

とりあえず、「投資信託 おすすめ」、「投資信託 ランキング」のようなキーワードでググった記憶があります。
そうやって見つけたページが、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」の2009年度版である、

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009」

でした。

※このほかに、「投資番付」のような内容で、「eMAXIS」が横綱だった記事があったのを覚えているのですが、見つけられませんでした。


そのときの上位に入ったファンドのキーワードが、

・VT
・eMAXIS
・STAM

こんな感じです。
今となっては、有名どころのキーワードばかりなのですが、もう、本当に、「??????????」 こんな感じでしたよ(笑)
「?」10個ぐらい並べちゃいました。

「VTって何だ?」、「eMAXISって何だ?」「STAMってどう読むんだ?」、と、余計にわからなくなってしまいました。

さらに、「VT」でググっても、「VTホールディングス」なんかの情報が出てきたりして(笑)
わからないなりにも、「これは違うVTなんだろうな~」と思ったりもしました。

さらに調べ続けて、ようやく「VT」の意味がわかったのが、

バンガード「VT」が日本で買えるように!(About Money,Today)
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)取り扱い開始!(投信で手堅くlay-up!)

このあたりのページを見つけたときだったと思います。(ちょっと記憶があやふや)

自分的には衝撃的でした。「VTすげ~!」ってなりましたよ(笑)
そして、

・VTがETFというものである。(ETFという物の存在を初めて知る)
・VTは米国のETFである。
・VTはSBI証券で買うことができる。

こんなところまで突き止めました。
SBI証券で買えるのか?こうなったら、買うしかないでしょ!ということで、SBI証券で円をドルに換えて、無事、「VT」を購入することができました。
※円でドルを買うときにもやり方がわからず、結構苦労しましたが、まぁ、この話はいいか・・・

この、初めて購入するときのドキドキ感はすごかったです。
海外ETFということで、1回の購入手数料が高めのため、自分としては結構な金額を買ったので。
このときと同じレベルのドキドキ感は、もう味わえないなと思ってます(笑)

ということで、「VT」が、記念すべき初購入投資信託になった、というお話でした。

以上です。
ありがとうございました。

 カテゴリ
 タグ
None